放射線技師の仕事がしたい|アスリートのヘルプとなるスポーツ整体|頼れる存在
ドクター
このエントリーをはてなブックマークに追加

放射線技師の仕事がしたい

女性

放射線技師が人気

病院の仕事の中で最近人気なのが、放射線技師です。人気の理由として、病院などでの放射線検査は放射線技師が必ず必要なので就職先が安定していることと、給料も良くお医者さんほど激務でないところです。放射線技師になるには国家試験に合格する必要があります。但し試験を受けるには条件があり、放射線技師の養成過程のある大学か専門学校で3年以上学び修了することが必要です。厳しい条件に見えますが、放射線技師になるには医療関係と理工学関係の基礎知識が必要なのと、人の健康を預かる仕事なのでそれなりの責任が伴うからです。また学校だけの座学だけでなく、実習もあります。病院で実際に患者さんや医師と共に実務を実習することで、将来放射線技師になった時に役立ちます。

放射線技師の特徴

放射線技師になるには国家試験に合格が必要ですが、合格すれば安定した将来が開けます。就職先は主に中規模から大規模の病院が中心です。大卒の放射線技師の方が若干給料は良いですが、給与は安定していますし、たとえ辞めても次の就職先もすぐ見つかることでしょう。放射線技師になるには、向き不向きもあります。まず機械が好きな人は向いています。放射線技師は数多くの機械やコンピュータを取り扱う必要があり、文系の人は厳しいでしょう。また好奇心旺盛な人も向いています。放射線検査の機器は常に進化するので、新しいことに抵抗がない人が良いです。更に対人コミュニケーションが良好な人も良いでしょう。患者さんの検査が主な業務で、専門的な検査結果をわかりやすく丁寧に説明する必要があるためです。