男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

放射線技師の仕事がしたい

女性

医療関係の仕事で放射線技師が人気です。放射線技師になるには国家試験に合格する必要があります。人気の理由は収入が安定し、就職先に困らないところです。試験を受けるには大学等で養成過程を修了する必要があります。

読んでみよう

素晴らしいスタッフと仲間

婦人

ベルランド看護助産専門学校は、ベルランド総合病院に隣接し、南大阪に位置しています。看護学科と助産学科があり、看護学科卒業後の1年間で助産師資格の取得を目指します。特徴的なカリキュラムと素晴らしい仲間に恵まれ、看護師や助産師としての第一歩を踏み出す場にふさわしい学校です。

読んでみよう

伝統医療の専門家になる

鍼灸

鍼灸師は、鍼師と灸師という2つの国家資格の総称です。いずれもツボを刺激することで健康増進を図るという共通の技術を用いることから、両方を取得して仕事に就く人が少なくありません。高校卒業後3年以上養成施設で学び、それぞれの国家試験に合格することで得られます。

読んでみよう

特定枠の整体を目指すには

整体

スポーツを対象にした整体

スポーツ整体は、スポーツをする人を対象に整体を行う頼れる存在です。一般的な整体との違いは、スポーツ整体はスポーツをするために必要な身体機能の維持や、怪我をしにくい身体づくりが目的として行われます。スポーツ選手は体を酷使する特徴があるため、それなりのケアが必要です。スポーツ整体はそれに合ったケアの仕方となるので、一般の人が受ける内容とは異なります。こういうスポーツ整体は、スポーツをする人の増加から必要な人材となってきました。スポーツ整体の専門家を目指すには、欠かせない資格というのは特にありません。しかし、民間資格がいくつか存在し、それを取得していれば就職やキャリアにいい影響をもたらす可能性はあります。スポーツに何らかの形で関わりたい場合など、こういった資格を持っていた方が活躍の場が広がることも予想できます。

専門のスクールで勉強

スポーツ整体の資格を取得するには、専門的な学習を学んでいかなければなりません。それにふさわしいのが、スポーツ整体のためのスクールです。そこでは整体技術を教えていく講座が開かれており、もちろんスポーツにこだわった分野の内容となっています。知識だけでなく、実際に技術の指導も直接受けるのでスクールに通うメリットは大きいです。そこで得た経験や知識が資格試験に活かされるため、合格への道も近くなります。このようなスクールは、自分の都合に合わせて講座が受けていけるようになっているので、仕事をしながらでも通えるようになっています。スポーツ整体は一般の整体師として活躍している人もおり、今の仕事を続けながら学んでいけるのは重要です。また、スポーツトレーナーとして活躍している人がスポーツ整体を学ぶことも少なくないので、幅広い分野での活躍が期待されます。その道に興味を持つ場合や、仕事の可能性を広げたい場合などに、専門のスクールで資格取得を目指していけば大きな自信にもつながります。